新着記事あつまれ どうぶつの森

【ハロウィンレシピ前編】かぼちゃグラタンにおばけパンが可愛いハロウィンごはん 映えるイベント料理の作り方

工作料理
この記事は約4分で読めます。

七夕が終わったら次はハロウィンに向けてゆる~りと準備を始めます。暇なときにSNSやブログなどで過去に作られたイベント料理をたくさん見て、みんなの作品に感動したり、次に自分が何を作ろうかイメージをどんどん膨らませたりします。

あんこのレシピが少しでもみなさんの参考になれたら嬉しいです!ハロウィンまで少し早いですが過去に作ったハロウィンレシピを共有します(‘◇’)ゞ

今回のテーマは「工作料理ハロウィン前編」

スポンサーリンク

メニュー

あんこ作ハロウィンレシピ

・おばけパン
・かぼちゃグラタン
・エビアボガドサラダ
・手作りピザ

材料

・おばけパン
バターロール、たまごサラダ、ハム、とけないチーズ、焼き海苔
・かぼちゃグラタン
カボチャ丸ごと、ホワイトソース、マカロニ
・エビアボガドサラダ
エビ、アボカド、レタス、タマネギ、オーロラソース
・手作りピザ
ピザ生地、鶏もも肉、ハム、とろけるチーズ

工作料理で使う材料の基本は「とけないチーズ」「焼き海苔」です。

これはかなり重要!

まずチーズは今回おばけパンの顔に使用していますがこれがとろけるチーズの場合、調理後の食材に飾りつけしてしまうと熱でドロドロにとろけだしてしまいます((+_+))
海苔に関しては味付け海苔よりも焼き海苔の方が密度がしっかりしているので目玉など細かいパーツをくり抜くときに綺麗に切り出すことができます。

完成品


今回一番のお気に入り☆色んな顔を作ってみました。可愛くできて満足(^^♪
詳しい作り方は下で紹介しています。


顔は調理用カッター(ダイソーで購入)を使用しました。カボチャは皮が固いので初めにレンジで温めて皮を柔らかくしておきます。
カボチャを削るときは少しずつ進めるのがおすすめです。一気に削ると力が入りすぎて余計な場所を削ってしまう危険性があるので注意!
カボチャの中身はスプーンで掘りました。削りすぎるとオーブンで焼いてる最中に薄くなりすぎたところからグラタンが飛び出してしまうのでくれぐれも慎重に!
中のグラタンは手作りのホワイトソースに削って余ったカボチャとマカロニを混ぜて詰めています。
最後オーブンで焼くときに、かぼちゃをアルミホイルで包んだ上から輪ゴムをすると形が崩れにくくておすすめです☆


普通のエビアボガドサラダ!オーロラソースをかけて食べるのが好きです。


手作りピザ♪ピザ生地のもとを買ってきて生地をこねるとこから作るのですが、とても簡単に出来てお気に入りです。トッピングは照り焼きチキンにたっぷりのチーズ。

こだわりポイント

今回のこだわりポイントは「おばけパン」です。

最初にパンの横に切れ目を入れてたまごサラダを詰めておきます。最後にしても良いのですが、最後にするとせっかく可愛く付けたパーツが崩れる可能性があるので、最初に詰めておくことをおすすめします。

口を調理用カッターでくり抜きます。くり抜いたパンを手の形にハサミでカットしてマヨネーズで貼り付けています。舌はハムをカットして、より舌っぽく見せるため上の真ん中に切り込みを入れています。

あとは三角と三日月型にカットしたチーズと丸く切り抜いた海苔をマヨネーズで貼り付けます。

最後にパンの下の部分を少しつまむと、よりおばけっぽくなりますよ♪粘着のためのマヨネーズはつけすぎると滑ってずれてしまうので、少なめにつけるのがポイントです。

すごく可愛くないですか!?簡単なのにインパクトもあってお気に入りです☆

工作料理は楽しく

ハロウィンは参考にできる可愛いレシピがたくさん投稿されているので、いつもワクワクしながら自分が真似できそうなレシピを探しています。

最初から難しいものを選んでしまうとイライラして上手くいかないので、初めは簡単そうなものから楽しく初めてみてください♪

おばけパンは簡単ですし、パーツさえ用意しておけば子供が作っても危なくないので一緒に作っても楽しいし盛り上がりますね( *´艸`)

長くなってしまったので前編・後編に記事を分けました。後編ではハロウィンレシピと一緒に用意したデザートを紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください(^^♪

↑ハロウィンレシピ後編はこちら

↑ハロウィンレシピ第二弾も紹介してます

ブログ用のインスタアカウントを作りました。ブログを更新したらインスタでお知らせしています。ぜひフォローお願いします(^^)/

ハロウィンレシピ
検索

タイトルとURLをコピーしました