新着記事あつまれ どうぶつの森

大根おろしアート 煮魚にだって可愛く猫アレンジ!インスタ映えする簡単にゃんこの作り方

工作料理
この記事は約3分で読めます。

今回はイベントレシピではなく、日常のお料理に簡単に可愛くちょっぴりアクセント!
今流行っている「大根おろしアート」の紹介です♪

スポンサーリンク

大根おろしアートとは

みなさんは大根おろしアートを知っていますか?
大根おろしを動物やキャラクターに形成し料理に添えたもの。
「写真映えする~☆」インスタで注目を集めているんです。
テレビでも連日とり上げられたり本が出版されるなどの大人気。

作り方はとっても簡単!いつもの大根おろしにちょっと手を加えるだけなので、ぜひチャレンジしてみてください(^^♪

材料

・大根おろし
・海苔(何のりでもOK)
・醤油 少量

材料はたったこれだけ!

作り方

・大根おろしを好きなだけひたすら作る
・大根おろしの水分をしっかり切る
(私はキッチンペーパーで絞りました。)
・好きな形に形成する
・醤油や海苔で顔や模様を作る
(お好みで可愛くアレンジ!)

ね♪簡単でしょ(*’ω’*)

完成品

あんこ作三毛猫風大根おろしアート

煮魚に猫ちゃんを添えてみました!
茶色い部分は醤油を少し垂らして三毛猫風に☆
醤油を垂らすときは慎重に!じんわーり広がってきてしまうので様子をみながら作業してくださいね。ほっぺは桜でんぶをつまようじでチョンチョンと付けました♪♪ケチャップでも代用できますよ☆


インスタ映えですよね~( *´艸`)
これだけでお料理上手に見えませんか!?猫好きな旦那も喜んでくれました✨

不器用な人にもおすすめ

煮魚のレシピをネット検索しているときに偶然写真で見つけたのが大根おろしアートを知ったきっかけでした。私は自分で思っているよりも手先が不器用みたいで、海苔を切る作業なんかは「うぅ~んッ( ゚Д゚)」となりながら作りましたが…ほかの方が作った大根おろしアートを見てみると同じ猫でもクオリティが桁違いの作品がたくさん出てきます。クオリティが高い人が多すぎてビックリしますよ!笑

大根おろしを作るときはフードプロセッサーでブォーーーン!と大量に作ります。あんこはフードプロセッサーを使って大根をおろしているのですが、フードプロセッサーやチョッパーがどれでも大根や長芋をおろせるわけではないので注意してくださいね。一度自動で大根をおろすと時間がめんどう~手が痛い~姿勢がしんどい~などが嘘のように解決するのでおすすめです( *´艸`)

次に作りたいアート

私が次にチャレンジしたいのはお鍋の大根おろしアート
この時期になるとお鍋で作った大根おろしアートがたくさん投稿されています。ミルフィーユ鍋みぞれ鍋で作る方が多いみたいなんですが、みなさんレベルが高すぎて食べるのが可哀そうなくらいの仕上がりです。興味のある方はぜひ「大根おろしアート」で検索してみてください。

あんこは冬になると一度はみぞれ鍋を食べないとダメな体質(笑)なので、今度はみぞれ鍋に大根おろしアートをしてみようと思っています☆また完成したら報告します(^^♪

簡単にできる作品もたくさん見つかるので、お子さんを一緒に作るのもおすすめですよ!一緒に作ったお鍋を囲むだけで温かい気持ちになれそうですよね(*’ω’*)フフフ

大根おろしアート
検索
タイトルとURLをコピーしました